office 2016プロダクトキー 2018 + 永久的な活発化方法

Office 2016プロダクトキーを挿入する必要があるのはなぜですか?

office 2016 プロダクトキー 購入,Office 2016をインストールすると、インストール後にOffice 2016プロダクトキーを挿入するよう求められることがあります。 多くの理由があります。

  • 時間と時間が再び活性化情報が迷惑を参照してください。
  • Office 2016 の一部の機能は、ライセンス認証なしでは動作しません。
  • 時にはテーマは2016では適用されません。

2016オフィスのライセンス認証が必要です。

PC2台/1ライセンス

Microsoft Office 2016 Pro plus

Microsoft Office 2016 Pro plus[ダウンロード版] (PC2台/1ライセンス)日本語版

2018年に100%働く、Office 2016プロダクトキー

R69KK-NTPKF-7M3Q4-QYBHW-6MT9B
GNH9Y-D2J4T-FJHGG-QRVH7-QPFDW
JNRGM-WHDWX-FJJG3-K47QV-DRTFM
PD3PC-RHNGV-FXJ29-8JK7D-RJRJK
DR92N-9HTF2-97XKM-XW2WJ-XW3J6
J7MQP-HNJ4Y-WJ7YM-PFYGF-BY6C6

office 2016 アクティベーターまたはプロダクトキーなしで office 2016 をライセンス認証する

ソフトウェアなしでMicrosoft Office 2016を無料で有効にする,詳細については、前の記事を参照してください:

OFFICE 2016のライセンス認証について 2018【最新の機能•ライセンス認証 方法】

2018の他の新 Office 2016 プロダクトキーは何であるか。または Office 2016 アクティベーターを試す

Office 2016登場、Office Professional Plus 2016ダウンロード版、Office 2016 for mac版激安通販。プロダクトキー 価格最安値、ライセンス認証保証。最新版office2016はこちら!

office professional plus 2016 ダウンロード

今日、我々はあなたに素晴らしい 100% の仕事のプロダクトキーまたは2018年のシリアル番号を表示します。 しかし、何らかの理由で、キーが動作しない場合がありますので、より多くの Office 2016 プロダクトキーまたはシリアル番号をあなたのために:

office professional plus 2016プロダクトキー

2QZAZ-2ZA3W-X4ED5-RF6T7-Y8HUJ
98YT7-FR5DQ-2W34R-56A2S-3D67G
45FG6-H78J9-Z2X34-C5V6B-7N8MK
J7Y6T-5R4E3-W2QXS-34WC5-DE6RF

A2S4W-35DGT-67HY8-JU92Z-QAWBH
3XSE4-CDR5V-FT6BG-7YNH8-UMJYH
Z2AW3-SXE4D-CR5FV-T6GBY-7HNUB

Office 2016プロダクトキーが機能しない場合、Office 2016をアクティブにする方法

MS Office 2016のKMS自動アクティベーション

KMSオートアクチベーターの利点:

  • あなたのシステムとプログラムにとって安全です。
  • 自動活性化。
  • Microsoft Office 2016のすべてのビルドおよびエディションをアクティブ化します。
  • 便利で使いやすい。
  • Microsoftのアクティベーションプリンシパルを使用する。
  • 多くの追加オプションがあります。
  • スケジューラで製品を再アクティブ化します。

KMS Autoは、Microsoft製品のための有名な自動化ユニバーサルアクチベータです。ソフトウェア製品がサーバーを削除した後、KMSサーバーエミュレーションの原則で動作します。 あなたが望むのであれば、タスクリストにスケジュールを作成 Office 2016を自動的に再起動させ、あなたは永久的なアクティベーションを得ることができます。

  1. あなたの窓であなたのインターネットを無効にするかまたは消しなさい。
  2. この KMSpico をインストールするまで、数分間、ウイルス対策ソフトウェアを無効にします。
  3.  [アクティブ化] ボタンをタップします。
  4. それはあなたの装置でもたらされるマイクロソフトすべてのプロダクトを制定する。

Office 2016のGVLKキー

一般的に、ADVAオブジェクトは、コンピュータにインストールされたMS Office 2016を、コンピュータに汎用ボリュームライセンスキー(GVLK)がインストールされているときは常に自動的にアクティブにします。 したがって、通常はGVLKキーは必要ありません。

ただし、KMSサーバーを使用してクライアントをアクティブ化するときに使用する必要があるMS Officeパッケージの製品用の公開GVLKキーの一覧は次のとおりです。

Product GVLK keys (KMS keys for clients)
MS Office edition XQNVK-8JYDB-WJ9W3-YJ8YR-WFG99
MS Office Professional Plus 2016 JNRGM-WHDWX-FJJG3-K47QV-DRTFM
Project Professional 2016 YG9NW-3K39V-2T3HJ-93F3Q-G83KT
Project Standard 2016 GNFHQ-F6YQM-KQDGJ-327XX-KQBVC
Visio Professional 2016 PD3PC-RHNGV-FXJ29-8JK7D-RJRJK
Visio Standard 2016 7WHWN-4T7MP-G96JF-G33KR-W8GF4
Access 2016 GNH9Y-D2J4T-FJHGG-QRVH7-QPFDW
MS Excel 2016 9C2PK-NWTVB-JMPW8-BFT28-7FTBF
MS OneNote 2016 DR92N-9HTF2-97XKM-XW2WJ-XW3J6
Microsoft Outlook 2016 R69KK-NTPKF-7M3Q4-QYBHW-6MT9B
Microsoft PowerPoint 2016 J7MQP-HNJ4Y-WJ7YM-PFYGF-BY6C6
Microsoft Publisher 2016 F47MM-N3XJP-TQXJ9-BP99D-8K837
Skype for Business 2016 869NQ-FJ69K-466HW-QYCP2-DDBV6
MS Word 2016 WXY84-JN2Q9-RBCCQ-3Q3J3-3PFJ6

 

MAK から KMS に Office プロダクトキーを変更する方法

MAK キーを使用してボリュームの Microsoft Office のコピーをインストールしていて、それを企業の KMS サーバーを使ってライセンス認証する場合。

office 2007 のすべてのバージョンのライセンス認証を管理するには、特別な VBS スクリプト OSPP が含まれています。 VBS (オフィスソフトウェア保護プラットフォーム) は、MS office のインストールとディレクトリに位置しています。 OSPP ファイルの場所は、Office と Windows の種類 (32 または64ビットのバージョン) によって異なります。

  1. 昇格した cmd を実行し、Office インストールフォルダーに移動します (この例では、Windows10 x64 で office2016x86 を使用しています)。
    ヒント OSPP スクリプトを実行するには、スクリプトサーバー cscript を毎回指定する必要があります。
  2. プロダクトキーを変更するには、次のコマンドを使用する必要があります。 XXXX を適切な KMS 製品 (GVLK) キーに置き換える必要があります。 Office 2016 Professional エディションのこの例では、KMS キーを変更するコマンドは次のとおりです。
  3. KMS サーバーで Office のコピーをアクティブにするには、次のコマンドを実行します。
  4. MS Office ライセンス認証の現在の状態を取得するには、次のコマンドを使用します。

</>cscript OSPP.VBS /dstatus

  • DNS でクライアントが kms サーバーの SRV エントリを検索できない場合は、kms サーバーのアドレスとポートを手動で設定します。
  • 将来的には、DNS を通じて kms サーバーの kms 自動検出モードに切り替えることができます。
  • ospp. VBS スクリプトはまた、ネットワーク経由でリモートコンピュータ上のオフィスの活性化を制御することができます
Office Version Windows bitness Path to OSPP.VBS
Office 2010 32-bit C:\Program Files\Microsoft Office\Office14
Office 2010 64-bit C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14
Office 2013 32-bit C:\Program Files\Microsoft Office\Office15
Office 2013 64-bit C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15
Office 2016 32-bit C:\Program Files\Microsoft Office\Office16
Office 2016 64-bit C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16