ユーザーを一括登録する

ユーザーを一括登録する

カンマ区切りのCSV形式のファイルを利用して、Office 365を利用できるユーザーを一括登録する方法を説明します。サービス導入時に一度に多くのユーザーを登録する場合は、一括登録が便利です。

1、CSV形式のファイルを作成する

CSV形式のファイルを作成する

 

ダウンロードできるCSVファイルの違い

空白のCSVファイルには列見出しのみが入力されています。列見出しの内容に従って、ユーザーの情報を入力します。ユーザー名と表示名は必須項目です。入力しない項目もカンマ(.)
を省略しないようにする必要があります。ExcelでCSVファイルを編集する場合は、カンマ区切りで保存するようにしてください。

2、CSV形式のファイルをアップロードし、結果を確認する

CSV形式のファイルをアップロードし、結果を確認する CSV形式のファイルをアップロードし、結果を確認する

エラー等が表示された場合

「ログファイル」の「表示」をクリックして、エラーま  ます。その理由に従って、ファイルを作成し直します。たはファイルをアップロードできなかった理由を確認し

3、ユーザーのアクセス許可と所在地を設定する

ユーザーのアクセス許可と所在地を設定する

4、ライセンスを割り当てる

ライセンスを割り当てる

利用可能なライセンス数

設定の右側に利用可能なライセンス数が表示されます。ライセンスが足りない場合は、「ライセンスを追加購入する」をクリックして追加購入操作を行えますが、入力したユーザーの情報は保存されません。

5、作成したユーザーの情報を送信し、登録結果を確認する

作成したユーザーの情報を送信し、登録結果を確認する

メールの送信先と内容

作成したユーザーのアカウントと一時パスワードを管理者に送信します。「電子メールを送信する」のチェックを外すと、メールは送信されません。メールの送信先(5つまで)を追加するには、セミコロン(;)でアドレスを区切って入力してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です